《林檎花火とソーダの海》歌詞:by まふまふ まふまふ mp3歌詞


ほら 愉快さ愉快 雪駄(せった)を履(は)いて

拍子木(ひょうしぎ)を打(う)てば 夜が來る

お祭り騒(さわ)ぎ 飛び跳(は)ねる貓

うさぎの顏した マト當(あ)て屋

ゲラゲラ笑う君は 血を飲んで

眺(なが)む行列(ぎょうれつ)は 氷(こおり)売り

平和(へいわ)に包(くる)まった 夏祭り

世界中に暴力(ぼうりょく)が 溢れかえった

それが當たり前のように 月夜(つきよ)は廻(めぐ)る

いじめたもん勝つ 千社札(せんじゃふだ) 金魚(きんぎょ)すくい

「こんなのおかしいよ」 なんて誰も言わない

誰かの涙でできた ソーダを飲んで

笑えるような大人になりたくないな

ほら 大きく手を叩(たた)け 君の足元に

誰も近(ちか)づかないように

愉快さ愉快 雪駄(せった)を履(は)いて

拍子木(ひょうしぎ)を打(う)てば 夜が來る

笑顏を知らない みなしご少女

つまずいて転(ころ)んだ

ゲラゲラ笑う君は 血を飲んで

差(さ)し伸(の)べる手には 毒を持つ

「これが現実だぜ」高笑(たかわら)い

正義の顏して 愛を唄えたら

人気者になれたかな 見返せかな

この型(かた)抜き人生で 間違えたら

仆の明日なんて バラバラで終わり

この世に ぶら下(さ)げられた 糸引(いとひ)きくじは

九十九が地獄(じごく)で 一つを奪(うば)い合うんだ

ほら 大きく手を叩(たた)け 君の足元に

誰も近(ちか)づかないように

いじめられることに 慣れたから

傷ついたフリばかり 上手(うま)くなる

泣く人 泣かされる人

泣かし、笑う人

君の夢を見ては 虛仮威(こけおど)し

馬鹿にする大人がいるんだよ

仆らは 仆らは そんな愛憎(あいぞう)の溢れた

明日(あす)は舍てよう

悲しいお話ばかり 生(う)まれた理由(わけ)を

仆も知らないフリして 生(い)きてきたんだ

ほら 大きく手を叩(たた)け 君の足元に

君だけにあるべきもの

誰かの涙でできた ソーダを飲んで

笑えるような大人に なりたくないな

ほら 大きく手を叩(たた)け 君の足元に

誰も近(ちか)づかないように

もう誰も信じぬように