《水の影》歌詞:by 松任谷由實 小野リサ mp3歌詞


たとえ異國の白い街でも

風がのどかなとなり町でも

私はたぶん同じ旅人

遠いイマージュ 水面におとす

時は川 きのうは岸辺

人はみなゴンドラに乘り

いつか離れて

想い出に手をふるの

立ち去るときの肩のあたりに

聲にならない言葉きこえた

あなたをもっと憎みたかった

殘る孤獨を忘れるほどに

よどみない浮世の流れ

とびこめぬ弱さ責めつつ

けれど傷つく

心を持ち續けたい

時は川 きのうは岸辺

人はみなゴンドラに乘り

いつか離れて

想い出に手をふるの