《やさしさがしっとり降るなかで》歌詞:byゆかな mp3歌詞


真夜中の湖に小石を投げて

広がる波紋 ずっとみていたの

木の幹をおりてくる昨日の雨の

きらめく贈り物を飾る

いっも微笑んで暖かく この気持ち

絶やさず ただ靜かに生きていたい

月明かりはゆれて um.. 寢返りをうつ

月明かりはまぶしいくらい

きっと…

夢の中までみつめている

このそらの 私には優しい風に

たおれかけてた花を支えてた

すやすやと目をとじる あのこのほほの

溫もりをこの指でたどる

人はかなしいとやさしくなれるという

全てを愛することできるように

月明かりはいつか いきつく胸に降る

月明かりに負けないくらい

ずっと…

ただやさしさでいられたなら

月明かりは消えて 夜は終わってゆく

月明かりにもらった涙

そっと…

ただこの胸にだきしめたい