《雪の羽 時の風》歌詞:by bassy 茶太 mp3歌詞

歌:Barbarian On The Groove feat.茶太

舞(ま)い上(あ)がる雪(ゆき)の羽(はね) 抱(だ)きしめた 密(ひそ)やかに

移(うつ)りゆく時(とき)の風(かぜ) 探(さが)してた 昨日(きのう)までの心(こころ)で

あの空(そら)に木霊(こだま)する泣(な)き聲(ごえ)は美(うつく)しく

過(あやま)ちを穏(おだ)やかに鎮(しず)めてる

ひとりきり立(た)ち盡(つ)くし

訳(わけ)もなくこぼれ落(お)ちた

涙(なみだ)さえ気付(きづ)かないままで

遠(とお)くを見(み)つめ続(つづ)けて

いつまでも感(かん)じていたよ

誰(だれ)もが夢(ゆめ)に迷(まよ)い 誰(だれ)かを傷(きず)つけてる

それでもまた 歩(ある)き続(つづ)けて

明日(あした)を求(もと)むなら

後悔(こうかい)することさえ 恐(おそ)れなくてもいいと

つぶやいてた 心(こころ)の奧(おく)で

この胸(むね)を癒(いや)すように

遠(とお)ざかるあの頃(ころ)の思(おも)い出(で)は 切(せつ)なくて

失(うしな)ったものたちの愛(いと)しさを

またここに連(つ)れてくる

お互(たが)いの中(なか)にあった

深(ふか)い谷(たに) 越(こ)えてゆくことも

出來(でき)はしなかったけれど

忘(わす)れない 君(きみ)と見(み)た空(そら)

孤獨(こどく)な旅人(たびびと)達(たち) 誰(だれ)もがそう呼(よ)ばれて

一人(ひとり)きりで 歩(ある)き続(つづ)ける

それでも信(しん)じたい

風(かぜ)の中(なか)に今(いま)でも 移(うつ)ろい迷(まよ)う心(こころ)

きっといつか 取(と)り戻(もど)せると

この願(ねが)い 葉(かな)うように

失(うしな)われたもの 消(き)え去(さ)ってゆくものに

永遠(えいえん)の安(やす)らぎを告(つ)げてゆく

誰(だれ)もが夢(ゆめ)に迷(まよ)い 誰(だれ)かを傷(きず)つけてる

それでもまた 歩(ある)き続(つづ)けて

明日(あした)を求(もと)むなら

後悔(こうかい)することさえ 怖(こわ)がらなくていいと

つぶやいてた 心(こころ)の奧(おく)で

この胸(むね)を癒(いや)すように

ずっと覚(おぼ)えてる 君(きみ)と見(み)た夢(ゆめ)を

きっといつの日(ひ)か 心(こころ) 重(かさ)なって

たったひとつだけ 二人(ふたり)見(み)た夢(ゆめ)が

きっといつの日(ひ)か 響(ひび)きあう時(とき)まで

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *