《天國の記憶》歌詞:by 及川眠子 林原めぐみ mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

だれか どこか 激(はげ)しく 惹(ひ)かれて

めぐり逢(あ)ってしまう

ときを止(と)めたとけい

巻(ま)きもどすみたいに

うんめいがうごく

忘(わす)れられるためだけ

名前(なまえ)を持(も)つすべては

うつつをあそぶけど

あなたの手(て)の溫(ぬく)もり

ただ生まれる前(まえ)からおぼえていた

私(わたし)はなぜ切(せつ)なくて

いつか 何(なに)か

二人(ふたり)は変(か)わるの

とおい日々(ひび)の果(は)てに

幸(しあわ)せのうらには

悲(かな)しみが隠(かく)れて

微笑(ほほえ)みをうばう

このきおくのつづきを

天國(てんごく)から私(たたし)は

何度(なんど)もつれてくる

どれだけきずついても

解(ほど)くことがだきない

荊(いばら)のいと

それを愛(あい)と呼(よ)ぶのだろう

逃(のが)れたくて

求(もと)めてゆく

歪(ゆが)んだカルマに抱(だ)かれて

忘(わす)れられるためだけ

名前(なまえ)を持(も)つ全(すべ)ては

うつつをあそぶけど

あなたの手(て)の溫(ぬく)もり

ただ生まれる前(まえ)からおぼえていた

名(な)のなきこの魂(たましい)が

與誰在何處 戲劇般地相遇

又與誰分分合合

然后再度相逢

時間的指針停止

仿佛回到原點

宿命之輪開始轉動 無法抗拒

被冠予姓名的人們

不過是游戲人生

而我只為能夠忘卻

你手中留下的余溫

其實這宿命從出生前便已注定

我想不起來

究竟在為何悲傷

不知從何時開始

你我已形同陌路

也許都只是 日漸生疏的結果

也許幸福不過只是表像

在內心伸出卻隱藏這悲哀

唯有蒼白的微笑如此動人

不論受到多少傷害

這糾纏的記憶都將一直

持續下去

宛如無法解開的纏繞的荊棘

不斷帶我遠離天堂

也許這就是

人們所謂的愛

懷揣著扭曲的罪孽之欲

我無法原理 我不斷渴求

被冠予姓名的人們

不過是游戲人生

而我只為能夠忘卻

你手中留下的余溫

只是從我出生之前

那無名的靈魂

就深深銘刻在我心

You may also like...