《目覚めた朝にはきみが隣に》歌詞:by 麻枝準 鈴湯 mp3歌詞

Amazon Music Unlimited 免費試聽30天,百千萬首歌曲隨便聽!

Kindle unlimited 30天免費試用,百萬Kindle電子書暢讀!

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物;喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月

塁を回る頃

ボールは淺いフライ

それを見てふと立ち止まる

どうしてあとひとつ

ヒットが出ないんだろう?

僕は不思議に思ってた

1點でもこんなに遠い

きみもそうだろ?

打席に立てるかな

でも僕は知る

これからのお話を

きみも同じぐらい強くなる旅だよ

でも闇は否応なく訪れ

僕は深い眠りに落ちていく

そんな弱い僕だけどいつかは勝ってみせる

笑ってるきみは魅力的だけど

失ったものもたくさんある

覚悟は出來てる そのはずだった

怯えながら進んでいく 前へ

臆病になる だってきみは

もう僕らの輪から外れてしまった

でも僕は進む

がむしゃらでいいから

指が割けても夢中で摑むよ

待ってる魔物がどんな強敵でも

舐めてもらっちゃ困るぐらい

どんなぼろぼろになっても力を手に入れる

でも僕は知る

ゴールはもうすぐだと

その時はきみにも頑張ってもらうよ

いろんな波紋ができて広がっては

重なっていくこの風景

絶対忘れない これがみんなの思いなんだ

夜が明ける

闇は去る

さあ行こう

この朝を

今隣に座るきみは

以前より少し大人に見えるよ

You may also like...