《それは小さな光のような》歌詞:by 梶浦由記 さユり mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

僕(ぼく)だけが見(み)てた

君(きみ)のこと

過去(かこ)も未來(みらい)も

かなしみもよろこびも

全(すべ)て

オトナ(おとな)になるってきっと

優(やさ)しくなる事(こと)だと信(しん)じていた

子供(ことも)の頃(ころ)の僕(ぼく)のままに

君(きみ)のこと 守(まも)りたいと思(おも)う

暗闇(くらやみ)から目覚(めざ)めても

僕(ぼく)を待(ま)ち受(う)けてる彼方(かなた)で

二人(ふたり)を隠(かく)したこの街(まち)に

誰(たれ)も知(し)らない雪(ゆき)が降(ふ)っていた

君(きみ)は僕(ぼく)の胸(むね)に刻(きざ)まれた

一番(いちばん)深(ふか)い傷跡(きずあと)のようで

君(きみ)が笑(わら)うこの世界(せかい)の歌(うた)

取(と)り戻(もと)すよ

どの部屋(へや)の時計(とけい)も

少(すこ)しズレ(ずれ)ていてさ

僕(ぼく)らはいつも

言葉(ことば)を掛(か)け違(ちが)う歯車(はくるま)

ひとりぼっちで泣(な)いた

ヒーロー(ひっろっ)ごっこ

伸(の)ばす前(まえ)にくじけた

両手(りょうて)で君(きみ)の頬(ほほ)に觸(ふ)れた

君(きみ)のこと壊(こわ)したいと思(おも)う

世界(せかい)は夢(ゆめ)の狹間(はざま)で

黒(くろ)い祈(いの)りを孕(はら)んで

大事(だいじ)なものだと撫(な)でていた

優(やさ)しい指(ゆび)がねじれてゆく

僕(ぼく)はただ僕(ぼく)のために

力(ちから)なきこの手(て)を

微(かす)かな輝(かがや)きの方(ほう)へ

もがいてみる

君(きみ)の歌(うた)う未來(みらい)へ

導(みちび)いてよ

守(まも)りたいと思(おも)う

まぎれもなくあたたかい場所(ばしょ)が

あることを信(しん)じてる

寂(さび)しさに喰(く)われた優(やさ)しさが

白(しろ)い雪(ゆき)に埋(うつ)もれて行(ゆ)く夜(よる)

君(きみ)は僕(ぼく)の胸(むね)に小(ちい)さな火(ひ)を燈(とも)す

古(ふる)い傷跡(きずあと)のようで

微笑(ほほえ)んでよ

この世界(せかい)の暗闇(くらやみ)から

目覚(めざ)めてゆく光(ひかり)のような

君(きみ)のうた

僕(ぼく)だけが見(み)てた

君(きみ)のこと……

※假名標注僅供參考

You may also like...