《笹舟》歌詞:by doriko 花たん mp3歌詞

暮れ行く 夕日影に

覚ゆる 漣(さざなみ)に舞う舟

夕凪 淡く陰り

靜寂(しじま)に 月が弓を引く

嗚呼 愛し君よ 遙か夏霞(なつがすみ)

嗚呼 夢花火が 輝く儚き日々

遠き世(せ)に 唄う蟬時雨

戀一つ 花と散りぬれば

愛し君よ 偲ぶ面影よ

揺れて 揺れて 千代の憂き世に蔭ろう

瞬き 獨り數え

短夜(みじかよ) 分かつ星に問う

まだ 愛し君よ 空も移ろうか

嗚呼 頬はいつぞ 涙を 忘るるのか

戀しずく 流る天の川

願わくば 今宵 彼(か)の人へ

愛し君よ 見えぬ鵲(かささぎ)を

誰か 誰が 永久の別れと呼ぶなら

暮れし海 浮かぶ笹舟よ

どこへ消ゆ 時を漂えば

愛し心 紡ぎ星となれ

宵に 闇に ほろり零れて

遠き世(せ)に 唄う蟬時雨

戀一つ 花と散りぬれば

愛し君よ 偲ぶ面影よ

揺れて 揺れて 千代の憂き世に蔭ろう