《晴ときどき曇》歌詞:byスキマスイッチ mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

スキマスイッチ – 晴ときどき曇

作詞:スキマスイッチ

作曲:スキマスイッチ

「いい天気だね」

君が言うから「本當だね」と答える

今日の空のこと話題にしたなら

心がふっと近くなる

歩道を歩く 所々で

水たまりが邪魔する

君と手を繋いで飛び越えてみる

太陽の光が舞う

次の季節が香り始める

その変化に抗うように

“暑かった日々を忘れないで”と

最後の力 振り絞って照らす

空は見上げるたびそっと

色や模様うつり変わって

それはもう僕らの毎日のようだね

繰り返さないからもっと

この日この時この瞬間

思い上がらずに刻みつけていたいよ

宇宙まですぐ屆く高さで

泳いでいる魚たち

そういえば昨日は鈍色の空

どこに潛っていたんだろう?

激しい雨にも耐えぬいた木の葉

へっちゃらな顔で伝えている

やりきれないと逃げ出すことで

救われるくらいなら

そんな未來は必要(いら)ない

今日も誰かが空の下

泣いて笑って悔しがって

戀したり落ち込んだりして暮らしている

満たされない何かがあって

得られる喜びがあると思う

少なくとも、今の僕はそうだよ

君が僕の方を振り返って

その思草(しぐさ)がたまらなくて

幸せはいつもそうやって傍にいる

移り変わっていく空の下

僕らいつまでもこの瞬間

抱きしめながら ふたり歩いていこう

おわり

即日起至2020年5月11日,使用推薦鏈接註冊Rakuten,推薦人和被推薦人均可以獲得$30,平常推薦獎勵一般為$10。

You may also like...