《月の話》歌詞:by 坂本真綾 MP3歌詞

《月の話》歌詞:
もしも月に住む日が來たなら
部屋の窓に何色の花飾るの
もしもある朝雪が降ったら
凍る砂の上をパジャマで遊ぼう
話を続けて 眠たくなるまで
本當のことなど
何ひとつなくていい
やめないで 月の話を
もしも靜かすぎるところなら
波音が戀しくなるかもしれない
もしも地球最後の夜なら
私を抱きしめたり あなた
するかな
小さな燈りと あなたの橫顔
私の望みは平凡なものばかり
ただ少しありえないだけ

二人でいるときは
真晝のオーロラ
琥珀の坂道
本當のことなど
何ひとついらないの
やめないで 月の話を
やめないで 月の話を