《殘り火 》歌詞:by 五輪真弓 五輪真弓 mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

殘り火

詞曲:五輪真弓

by:dream's flyin'

雨にうたれて 何故か悲しげな

花は かげろう 秋は 気まぐれ

街の燈りが 蒼くにじむのは

今はもどらぬ あなたのせいよ

だけどわたしは 今ここにある

愛の殘り火で 色あせた枯葉を

もやしながら

過ぎた日のぬくもり

手さぐりで さがしてる

人は季節におどる迷い子

胸にのこされた 古い傷あとを

抱いて生きずく 戀はたそがれ

そして春を戀う 寒い涙さえ

今はたよれぬ 行きずりの友

だからわたしは 今もう一度

めぐり來る季節の あら波に 小舟を

うかべながら

あなたの知らない

誰かに身を寄せ

夢路をたどるの あなたを忘れて

だからわたしは 今もう一度

めぐり來る季節の あら波に 小舟を

うかべながら

あなたの知らない

誰かに身を寄せ

夢路をたどるの あなたを忘れて

終わる

余火

被雨擊打,總會覺得悲傷

將嗅到花香,則感覺到秋天是反覆不定

街上的路燈是,擴散出蒼藍暗淡色

現在則因你的緣故而回不去的呀

然而我現在在這里

愛的余火跟褪色的枯葉一樣

一面燃燒著,一面過著溫暖的日子

摸索著,正尋找著

人們在季節的跳換中,成迷路的孩子

抱著在心里被留下來的舊傷痕

喘息,戀情成黃昏

于是連冰冷的淚水都懷念春天

如今成不可信賴的擦肩而過之朋友

于是我現在,于季節更迭時

再一次一邊泛著小船

于狂浪中,一邊

投靠你所不知的某人

就忘掉入夢的你

于是我現在,于季節更迭時

再一次一邊泛著小船

于狂浪中,一邊

投靠你所不知的某人

就忘掉入我夢中的你

You may also like...