《時の行方》歌詞:by 森山直太朗御徒町凧 森山直太朗 mp3歌詞

春の空ふと見上げて思った私の小ささを

今日も在るがまま為すがまま赴くまま

この胸、風に添えて

雲を渡るは鳥の群

風に揺れるは花の弁

月夜踴るは亂れ髪

水に映るは貴方の頬

永久に響くは蟲の聲

寄せては返す波の詩

空に宿るは星の影

白に染まるは貴方の夢

このまま 色とりどりの季節にただ身を任せ

貴方に流れ著きたい 草花のように

一人漂う時の凪

天に架かるは虹の橋

胸を焦がすはなごり雪

今も聞ゆる貴方の唄

このまま色とりどりの日々にただ身を任せ

貴方に流れ著きたい 今すぐ

このまま—

貴方に消えてしまいたい