《ギャロップ》歌詞:bypezmoku mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

pe’zmoku

ギャロップ

作詞:suzumoku

作曲:Ohyama“B.M.W”Wataru

繋がる音が鼓膜を叩く 伝う言葉が胸を震わす

飛び交う光 ねじくれる影 暴れ回る原色のリズム

立ち眩む真夜中に 何もかもを手放して

涙も流し盡くしたなら

俯くことはもうないから

朝焼ける空 目覚める君が刻み始める確かな日々

その時の中この聲は響いてくれるだろうか

聞こえてるなら 屆いてるなら 腕をかざして見せてくれ

まだ小さくて零れそうな光でも

駆け出して

澄ました耳で 開かれた目で 二度とない空気を噛み締めて

気がついた幻に 今にも崩れそうでも

心が叫び続けるなら

どこにも間違いなど無いから

朝焼ける空 見上げる君が求め始める一つの夢

そのすぐ傍で この聲は響いてくれるだろうか

聞こえてるなら 屆いてるなら 足を鳴らして応えてくれ

果てない道につまづいて振り向いても

駆け抜けて

朝焼ける空 明らむ街が今にも息を吹き返す

ほころびだした不器用な君の笑顏も

輝いて見える

You may also like...