《夜の光》歌詞:by じょん 近藤隆 mp3歌詞

深い夜の雨の道

ひとり影を踏む人よ

流る星の行方には

古き友の夢重ね

懐かしくもあるけれど

想い馳せる暇もなく

ふわり ふわり 儚く揺れる

木の葉なぜる軌跡を

星が 月が 紅く照らして

君をおぼろに浮かべる

時計の針はもう二度と戻らない

振り返ったって引き返せない

でもまたずっと 今でもずっと

あの日の言葉忘れないよ

踏み出す足音 加速して行く

記憶を置き去りにしないように

抱きしめ合って 噛み締め合って

終わらない夜の光を追いかけて

遠い日々を呼ぶ聲に

朝は満ちて 消えてゆく

ひらり ひらり 閃く雨の

音が手繰る軌跡を

風が 風が 白く包んで

君をおぼろに浮かべる

ふわり ふわり 儚く揺れる

木の葉なぜる軌跡を

ひとつ ふたつ 時が刻んで

僕はひとり歩き出す