《レインボウ?セブン》歌詞:by Wataru Ujihara DOES mp3歌詞

時雨の靜けさ 切り裂く稲妻

暗がり眺めて だらだらする部屋

何を待つわけもなく

何となく思いに耽る

窓ガラスの向こう側には無限が

ありそうでないような太陽が

滲む軒端に落ちれば

あふれる光が辺りを照らして

七つの願いかけるレインボウ

途切れた雲の隙間から

薄紅はじけた 戀路の去り際

行方も知れず のらりくらり遠ざかる

花びら一ひら

手のひらの上からこぼれ落ちれば

約束破いた小指が震えて

僕と君とにかけるレインボウ

いつの間にか消えていた

時雨の靜けさ 切り裂く稲妻

日暮れも待たずに 眠りについたら

ありそうでないような太陽が

滲む目蓋に落ちれば

あふれる光が辺りを照らして

七つの願いかけるレインボウ

途切れた雲の隙間

覗いた晴れ間に殘された虹の欠片

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *