《夕顔 》歌詞:by 竹中三佳 能登麻美子 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

庭に咲き始めた夕顔に

水を打ってあげたら

遊びに出かけていた貓が

帰ってきたわ「おかえり」

ほら見てごらん 雲のさざなみ

杏色やむらさき

沈む夕陽に 染まってキレイ

まるで夢か幻

風は どこから

吹いてくるのでしょう

遠い 海を渡り

長い旅をするの

ふと気がつけば 時計の針は

あの人が戻る時刻

お腹の蟲も鳴いてるはずよ

今日は何を作ろう

そら耳かしら 誰かの聲が

留守録にメッセージ

今にあの人あわてて言うわ

「夕飯はいらない」と

風はどこまで

吹いてゆくのでしょう

いつか こんな日々も

なつかしくなるの

ぼっかり空いた時間を一人

持て余すベランダに

一番星がまたたき出した

きっと晴れる 明日も

風はゆく どこへ

誰も知らない

You may also like...