《儚き人の為のカンタータ》歌詞:byはちみつれもん mp3歌詞

冷たい風が吹き 闇は陽に飲まれて

また同じ一日の始まりを告げてく

まぶた開けば あなたがそばにいる

その事がいつからか 當たり前になってた

ありふれら日々 永遠じゃないと分かっている

その事を意識する度 とても不安に思えて

あなたはいつか いずこへ消えて

私は一人取り殘されたまま

時は巡って 出會うその日に

戻ったとして あなたはもう居ない

歩幅が合わずとも寄り添い生きる意味

少しだけ判ったの 強さと引き換えに

同じ道を歩もうと問い詰めてもあなたは

笑って首を振り 優しく私をさとすばかり

私の力 こんなに無力

あなたの強さを抱きしめていたいの

壊したいほど狂おしいほど

どうして愛は この手をすり抜ける?

変えられぬ運命 涙しても困らせるばかり

ならば 凜として全て受け入れ 剎那の時間を

あなたはいつか いずこへ消えて

思い出以外殘るものはあるの?

時は巡って また逢えたなら

同じ歩幅で歩き続けたい

儚き人の為のカンタータ

アルバム:東方天樓華

ボーカル:蛍燈翔

サークル:はちみつれもん

原曲:

東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.

亡き王女の為のセプテット