《暁の車》歌詞:by日本ACG mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

風(かぜ)さそう木陰(こかげ)に俯(うつぶ)せて泣(な)いてる

俯臥在隨風起舞的樹陰下哭泣

見(み)も知(し)らぬ私(わたし)を私(わたし)が見(み)ていた

望著那個素不相識的自己。

逝(ゆ)く人(ひと)の調(しら)べを奏(かな)でるギタ-ラ

吉他為逝去的人而彈奏,

來(こ)ぬ人(ひと)の嘆(なげ)きに星(ほし)は落(お)ちて

流星因不歸之人而隕落。

行(ゆ)かないで、どんなに叫(さけ)んでも

不要離我而去 即使是這樣懇求,

オレンジの花(はな)びら靜(しず)かに揺(ゆ)れるだけ

也只是換來橙色花瓣的靜靜搖曳。

やわらかな額(ひたい)に殘(のこ)された

遺留在稚嫩臉龐上的,

手(て)のひらの記憶(きおく)遙(はる)か

掌心中的記憶 已漸遠去,

とこしえのさよならつま弾(び)く

指尖彈奏出別離的旋律。

優(やさ)しい手(て)にすがる子供(こども)の心(こころ)を

依靠在你溫柔臂膀上的兒童之心,

燃(も)えさかる車輪(くるま)は振(ふ)り払(はら)い進(すす)む

被呼嘯的車輪無情的拋開。

逝(ゆ)く人(ひと)の嘆(なげ)きを奏(かな)でてギタ-ラ

吉他彈奏出逝人的嘆息,

胸(むね)の糸(いと)激(はげ)しく掻(か)き鳴(な)らして

撥弄著心弦無法平靜。

哀(かな)しみに染(そ)まらない白(しろ)さで

在未被悲傷沾染的潔白上映出了,

オレンジの花(はな)びら揺(ゆ)れてた夏(なつ)の影(かげ)に

搖曳著橙黃花瓣的夏日之影。

やわらかな額(ひたい)を失(な)くしても

即使臉龐不再稚嫩,

赤(あか)く染(そ)めた砂遙(すなはる)か越(こ)えて行(い)く

也能跨越那被夕陽染紅的沙灘,

さよならのリズム

離別的旋律。

想(おも)い出(で)を焼(や)き盡(つ)くして進(すす)む大地(だいち)に

懐(なつ)かしく芽吹(めぶ)いて行(い)くものがあるの

在回憶燃燒殆盡的大地上,

暁(あかつき)の車(くるま)を見送(みおく)って

懷戀的嫩芽正在破土而出

オレンジの花(はな)びら揺(ゆ)れてる今(いま)も何処(どこ)か

目送佛曉的列車,

いつか見(み)た安(やす)らかな夜明(よわ)けを

橙色的花瓣現在又在何處搖曳。

もう一度(いちど)手(て)にするまで

在已迎接過無數次的黎明,

消(け)さないで燈火(ともしび)

再次來到之前 不要熄滅手中的燈火,

車(くるま)は廻(まわ)るよ

車輪啊 旋轉吧。

You may also like...