《囃子唄》歌詞:by MazoP KAITO mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

妖し(あやかし)共よ 舞い踴れ

今宵 誘う(いざなう) 人の世ぞ

そぞろ吹きとじ 天狗風

そして宴は 始まらん

七つ下がりの雨降れば

妖し(あやし)の國の戸(と)が開く

魂(たま)の焔(ほむら)が道標(みちしるべ)

金色(こんじき)の夜に集(つど)え

水鶏の鼓(くいなのつづみ)囃子(はやし)となりて

風鳴り(かざなり)の笛吹き渡る

人の音(ひとのと)途絶え雨こもあがれ

丑三つの刻よ

妖し(あやかし)共よ 舞い踴れ

今宵 誘う(いざなう) 人の世ぞ

そぞろ吹きとじ 天狗風

そして宴は 始まらん

妖し(あやかし)共よ 舞い踴れ

闇夜 響くは やんざ聲

土の香(か)広く 吹き渡る

そして宴は 終夜(よもすがら)

袖の羽風(はかぜ)で黒雲(くろくも)祓え

天満月(あまみつつき)よ煌々(こうこう)と

ひらり舞う蝶 月に磨けば

天狗囃子 いま

妖し(あやかし)共よ 舞い踴れ

闇夜 響くは やんざ聲

土の香(か)広く 吹き渡る

そして宴は 終夜(よもすがら)

妖し(あやかし)共よ 舞い踴れ

九尾の狐(くおのきつね)に天狗ども

五位の光(ごいのひかり)はほの青く

宴を照らし 飛び去らん

妖し(あやかし)共よ 舞い踴れ

今宵 宴は 終夜(よもすがら)

鈴が音(ね)響け 手締め(てじめ)打て

神も鬼子(おにこ)も 舞い踴れ

妖し(あやかし)共よ 舞い踴れ

暁降(あかときくだち) 訪れよ

朝風吹けば 囃子絶え

妖し(あやし)の刻(とき)は終わり告ぐ

神のまにまに

You may also like...