《輝いた》歌詞:by シギ シギ mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

體交われど 血は交われず

僕等いつもひとりぼっちに涙してた

だけど、ふたりだから手を繋ぐこと

違う體溫と感じあえて孤獨は消えていくんだね

もう前には進めないと決めつけて

目隠ししていたのはいつも自分だった

さぁ

僕等走り出す時がきた

跳ね上がるこの鼓動

苦しみから逃げるな

痛みの數だけ強くなる

そう夜明けは近付いた

輝きたい

変わらないものひとつもって旅に出よう

この道が正解とは限らないから

僕はいつもひとり立ち止ってしまう

だけど踏み出さなきゃ何も見えない

君は言った「正解なんてあとからついてくればいい」

その大事なものは捨てちゃダメだよ

辛い時は進んでいる証拠 そう思えばいい

さぁ

僕等走り出す時がきた

跳ね上がるこの鼓動

苦しみから逃げるな

痛みの數だけ強くなる

そう夜明けは近付いた

輝きたい

変わらないものひとつもって旅に出よう

ビルの隙間から山並みの縁が光り出す

賽はとうに投げられた

さぁ

僕等摑み取る時がきた

極夜の日々よさらば

悲しみに耐え抜いて

地べた這いつくばっただろう

汚れた手は美しく

輝いたよ

共に走り出すなら

痛みも全部もって行こう

You may also like...