《夏の華》歌詞:by 熊谷育美 熊谷育美 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

「夏の華」-熊谷育美

胸を打つ 一瞬で 燃え盡きてしまう

だから 焼き付けて 私の何もかも

余韻が 消えるまで

私は月に満たされて 心が躍るように

でも切なくて 顔を伏せて泣いてた

夜空一面に咲いた けなげな夏の華が

暮れる色を 濁らせながら

あなたを待ってた

燈篭が靜けさの 彼方へ消えるまで

何を願えば 水辺に映り

溶けてく、せせらぎへ

私は風に魅せられて 心が弾むように

でも痛いのは 何故か判らないまま

瞬く間に舞い上がり 落ちる光の涙

誇り高き その儚さを

あなたに屆けよう

私は月に満たされて 心が躍るように

でも切なくて 顔を伏せて泣いてた

夜空一面に咲いた けなげな夏の華が

暮れる色を 濁らせながら

あなたを待ってた

暮れる色を 濁らせながら

あなたを待ってた

You may also like...