《愛をこめて。海》歌詞:by 宮崎吾朗 手嶌葵 mp3歌詞

愛をこめて。海

あなたと出會ったころ

コクリコの花が咲いていたことを

まだ憶えてますか

古い石垣と生垣

かたむいた電信柱

黒くて重たい自転車で

あなたは風になって

わたしを丘の上から連れ去った

あなたが旅立ったころ

コクリコの花が咲いていたことを

まだ憶えてますか

輝く海に浮かぶ船影

青い松の木の香り

それはやっぱり悲しかったけど

わたしはもう一人でも

漕ぎ出すことができると知っていた

坂道を駆け上がる潮風が

手紙を運んでくれる

きっと、ずっと、あなたが

あなたがどこにいても

わたしはとても元気です

去年より背が伸びました

わたしはいつもここにいて

いまも、これから先も

あなたの旅の無事を祈っています

コクリコ坂から

愛をこめて

與你相遇的那刻

虞美人花兒盛開的模樣

你還記得嗎

古樸的石牆與竹籬

微微傾斜的電線桿

你踩著又黑又笨重的自行車

成了一陣風

載著我從山丘上飛快地溜下

你踏上旅途的那天

虞美人花兒盛開的模樣

你還記得嗎

在波光的海面上漂泊的船影

碧綠的松樹散發的香味

這是多麼地令人感傷

但我也明白了就算只剩我一人

一樣能劃槳前行

順著坡道疾馳的海風啊

請幫我捎去一封信

連綿不斷的風一定能夠送達

不論你在何方

我過得很好

比起去年又長高了許多

我一直在這裡等著

現在是、將來也會

祈禱著你旅途平安

來自虞美人盛開的山坡

裝載著滿滿的愛

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *