《空へ》歌詞:by山崎まさよし mp3歌詞


特別な朝がそこまで迫っている

この足元から世界は広がってく

まだこのままでいたかったんだけど

あまり時間が無いみたいだ

芽生えた心は風に震えてる

孤獨の海が朝日に照らされてく

遠くで揺れてる憧れだけで

どこまで行けるのだろうか

裸足のままで僕らは行く

サヨナラの陰でいつしか泣く

胸に殘る溫もりだけ

抱きしめたままずっとその先へ

切ないままで僕らは飛ぶ

サヨナラの陰に痛みを知る

やがて流した涙が

凍えそうな心慰めてくれるまで

柔らかい光に包まれた記憶が

瞬き始めた星の夜に蘇る

ためらいながらも手を伸ばして

サヨナラの中に始まりを知る

そして見つけた喜びを

噛み締めたなら僕らが繋がる

裸足のままで僕らは行く

サヨナラの陰でいつしか泣く

胸に殘る溫もりだけ

抱きしめたままずっとその先へ

切ないままで僕らは飛ぶ

サヨナラの陰に痛みを知る

やがて流した涙が

凍えそうな心慰めてくれるまで