《antinotice》歌詞:by WOWAKA 秋赤音 mp3歌詞


気づいたら僕の聲も

間違った方向に行った。

どこに行った?

見てよ 上の空

鑑定しよう

ここで後ろを向く価値を

「上等です。」と

愚癡を吐いた

ここには何もありません。

気づいたら噓の顔も割れたんだ

ちょうど「不快な暮らしだ」って

ダダをこねてる時間だ

気づいてよ

諦めていること

誰も知らない答えを

笑ってきた、んだろう?

待ってくれませんか

獨り言を

僕のことをもっともっと

気づかずにいてくれない?

ない?

あいたい、あいたくはない?

じゃあね、待って。だって。

ころころ転がる

音のジャイロ

夢中で追いかける子供たちに

気づかないのはなぜだろうか

そう

なぜだろうか?

誰も止めてはくれないの

だって興味がないから

ここにないから

僕はいないから

そこ、

で塞いだら

やけにがむしゃら。

気づいたなあ

僕の聲はなくなった

もうどうなった?

そうこうなったって、言えば済むのかな

どうしようかなあ

ひとりきりのまよなか

何故か汚い気持ちを抱えてんだろう?

なんで俯いてるのかと尋ねてみる

今度はちょっと面倒くさいよ

関わるのかい?

見えない

幸いな結末を

なんで期待しているのかなあ

待ってくれませんか

獨り言を

僕のことをもっともっと

気づかずにいてくれない?

ない?

あいたい、あいたくはない?