《三千世界》歌詞:by かませ虎 幽閉サテライト mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

過去の過ちを恥じる 朽ちゆく仆に

見守る君が笑う

三千世界

手を取り合うことなどは

頂に著くためには不要と

天に輝く唯一となる己に憧れた

過信した魂はいつか

全身を知らぬ孤獨で震わす

地を見下ろし 性隠し

強さを叫び

身に纏った夸りを

魅せつけたのさ

けれど僅かな虛しさ

半端な自信

己の小ささ知る

三千世界

両手を天に掲げた

無責任な無限を見に浴びた

屆かぬゆえに美を嗜める

小さな仆がいた

答えなど分かりきっていた

ここにいる

それを認めて欲しくて

気高き空 高らかに

弱さを叫び

身に纏った夸りを

舍ててしまおう

欲を認め 業と知り

裸になれば

みんな同じ眺めさ

三千世界

仆らは既に持っていたんだ

小細工ばかり覚えてきたけれど

「言葉」ならば胸の奧

それがすべてさ

気高き空 高らかに

弱さを叫び

身に纏った夸りを

舍ててしまおう

欲を認め 業と知り

裸になれば

みんな同じ眺めさ

三千世界

どうか君よ 泣かないで

この身朽ちても 魂はここにある

三千世界

終わり

You may also like...