《肥えた太陽》歌詞:by anNina anNina mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

窓の外に出した

碧い仙人掌が

腐りかけていた

有り觸れた鳴き聲の

憐れな鳥

いつもの私

いつもの眩暈

急がなけばいけない

大きなそれが來るま前に

部屋の外が崖に変わらぬうちに

焦りに満たされてもう 溢れてきた

足元を崩しかねない足音に責め立てられ

逃げ出す先も分からぬまま

動くことさえ出來ない

昇りきらぬ

転がる太陽が

嗚呼

沈んだ

急がなけばいけない!

大きなそれはもう來るだろう

誰かが走り出した音が聞こえた

脫ぎ捨てた服を拾え

粟立つ肌を覆い隠せ

逃げ出すなら今だと

カナリヤが歌い煽り嗤いだした

目蓋の裏の

転がる太陽が

嗚呼

消えない

闇に飽いた頃に

肥えた太陽が

また顔を出し

冷め切ったからだを

暖めて笑う

動けぬ子らの

即日起至2020年5月11日,使用推薦鏈接註冊Rakuten,推薦人和被推薦人均可以獲得$30,平常推薦獎勵一般為$10。

You may also like...