《氷輪紫鬼》歌詞:by マチゲリータ 鳥海浩輔 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

氷輪怯ゆ(おびゆ)六花の刻。

冴え凍る顔(がんばせ)、咽ぶ。

ささめいて、汀揺れる。

仄見ゆ顔は手を伸ばして這ひ徘徊る(たもとおる)。

凍み凍りて痛みに心が薄れていく。

君を抱きしめたこの腕に絡みつく常闇。

狂り(あざり)乞う傍らで、黒、咲ふ(わらう)。

消え方(きえがた)の淵、か細い聲(こえ)。

「またあなたに會えますように。」

殯(もがり)燈す、窄し(すぼし)眼(まなこ)に虛しさが沈む夜。

背向(そがい)の闇が言う。

ーお前は呪いを背負う覚悟があるのかー

嘆かふ事もできずに君、紅涙伝う頰は。

闇の現(うつつ)、死期(しご)に喚く(わめく)雪で消え失す。

黒、咲い。睨まふ先には鬼の様な童形(どうぎょう)。

ー苦輪の唄で自らに痛みを刻めー

背中(せな)に焼き付けた禍言(まがごと)に、取り憑いた紫。

呪われし苦輪の唄を謠う。

You may also like...