《アヤノの幸福理論》歌詞:by じん(自然の敵P) IA mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

▲「そんな日々を、いつまでも願おう」

→「目に浮かぶ話」。

思い出していたのは また、家族の事

「アヤノはお姉ちゃんだから、皆の事、よろしくね。」

赤煉瓦の壁 小さな家の中で

ひそひそ話そう 秘密の作戦みたいに

連れて來られた 三人の真っ赤な目には

大人に隠していた 過去がある

怯えた顔で 「僕は化物だから」

私は告げる 「そんなことはないよ」って

「真っ赤な色は主人公の色だから、怯えていなくても、良いんだよ。」

面白い事 悩んでは 今日もお姉ちゃんぶって

「ほら、見ていて」 赤いマフラー巻き付けた

「秘密組織みたい!」

茜色、染めて、始めよう 小さな「ヒーローのフリ」だけど

「少しでも、また笑えたら」って 今日も家族でいよう

「幸せ」を願おう、先にある未來が どれだけ 悲しくても

「このことは秘密だよ」 楽しくて陽が沈んだ。

春風巡り 大人になった世界は

理不盡に曲がる 誰かの陰謀みたいに

膨らんで消えた 愛する人の涙は

誰も気付けなくて、黒くなる

狂い出していた 気付いたら もう

誰にも 言えなくて

「嫌だ、嫌だよ。壊れるのは」

幸せの終わる世界が來る

「茜色、お願い。これ以上、誰かの未來を壊さないで」

泣きながらまた、考える 笑顔に隠したまま

「赤目色、それが私なら 誰かの未來を救えるかな」

不器用で、情けない 獨りぼっちの作戦だ

私が消えた あの日の秘密組織は

ちゃんと笑って 暮らせているのかな

きっと、私は 怒られちゃうなぁ

だけど、ちゃんと「お姉ちゃん」になれたかな

思い出してみよう あの好きだった言葉

「幸せ」ってなんだか不思議、

▲明日のこと、好きになれる

You may also like...