《朧月夜、花と舞う》歌詞:by あるるかん 立花慎之介 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

おぼろに映りし 月は何かを伝えんとする

忍ぶその想いを鮮やかにすべきと

心を隠して俺は何かを失ってきた

だけどこの戀路は心のままゆくと

胸のことごとく 舞えば舞いあがれ 花のように

ゆらゆらと ああ 舞うてのひらは

君に觸れたい 君のもとへゆきたい

散る花の降り積もれば戀心彩らん 忘れじ想いとなれ

亂れた心はどこへゆこうと離れずにいる

君の幻から逃れられぬために

胸のことごとく ちぎり解き放て 涙ともに

さめざめと泣くこの夕闇に身を埋めては

君を狂おしいほど手にしたい

君の髪の香り 永久に覚え 忘れじ想いとせん

おぼろげな 月のあかりはやわらいで

花も舞い散る 想いのたけに

ゆらゆらとただ揺られるかげろう

あれは君かと俺をもてあそぶよう

いつぞやの君の髪に觸れし儚さのよう

ゆらゆらと ああ 舞うてのひらは

君に觸れたい 君のもとへゆきたい

散る花の降り積もれば戀心彩らん 忘れじ想いとなれ

愛と呼べるまでに

即日起至2020年5月11日,使用推薦鏈接註冊Rakuten,推薦人和被推薦人均可以獲得$30,平常推薦獎勵一般為$10。

You may also like...