《小さな手のひら~eufonius Ver.~》歌詞:byeufonius mp3歌詞

Amazon Music Unlimited 免費試聽30天,百千萬首歌曲隨便聽!

Kindle unlimited 30天免費試用,百萬Kindle電子書暢讀!

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物;喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月

eufonius

小さな手のひら~eufonius Ver.~

作詞:麻枝準

作曲:麻枝準

遠くで遠くで揺れてる稲穂の海

帆を上げ帆を上げ目指した思い出へと

仆らは今日までの悲しいこと全部覚えてるか、忘れたか

小さな手にもいつからか仆ら追い越してく強さ

熟れた葡萄の下泣いてた日から歩いた

小さな手でも離れても仆らはこの道ゆくんだ

いつかくる日は 一番の思い出を仕舞って

季節は移り もう冷たい風が

包まれて眠れ あの春の歌の中で

小さな手にもいつからか仆らが追い越してく強さ

濡れた頬にはどれだけの笑顏が映った

小さな手でも離れても仆らはこの道ゆくんだ

そしてくる日は 仆らも思い出を仕舞った

小さな手でもいつの日か仆ら追い越してゆくんだ

やがてくる日は 新しい季節を開いた

You may also like...