《紅茶》歌詞:by 坂本真綾 坂本真綾 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

紅茶

作曲:菅野よう子

編曲:菅野よう子

作詞:坂本真綾

演唱:坂本真綾

戀の終わりを告げる時計臺が 次の時間を待ってる/在告知戀愛結束的時鐘臺 等待下次的時間

止まれない 今 /無法停止 現在

地下鉄の入口にある桜が今年も咲くから/在地下鐵的入口 櫻花今年也開了

私たちまたひとつ年をとるね/我們又再增長一歲呢

春は近付いた/春天接近了

永遠の印に/永遠的印記

流星が來る夜を待って願いをかけたあの日の二人/在等待流星來臨 許願的夜晚 那天的我們

ずっと変わらないよと抱きしめては/一直不會改變地擁抱

何もかも手に入れたと思っていたよ/以為所有都擁有了

この手に殘るものはたったひとつ/這隻手只殘留下唯一的

君は私の最初の戀人だった/你是我最初的戀人

自転車でどこまででもいけるような そんな気がしてた/自行車好像能到任何地方 有這樣的感覺

寒い日に道ばたで飲んだ紅茶の味も覚える/記得寒冷的日子在路邊喝著的紅茶的味道

寂しいわけじゃない/不是寂寞的原因

自分で選んだはずなのに/明明都是自己選擇的

どうしようもなく泣きたくなるよ/無論如何都不想再哭了

この先の未來には何があるの/前面的未來到底有什麼

もっと辛い別れはあといくつあるの/會有多少痛苦的分離呢

戀の終わりを告げる時計臺が 次の時間を待ってる/在告知戀愛結束的時鐘臺 等待下次的時間

とまれない 今 /無法停止 現在

どこへも行かないよと抱きしめては/哪裡都不去地擁抱

何もかも手に入れたと思っていたよ/以為所有都擁有

この手に殘るものはたったひとつ/這隻手只殘留下唯一的

君は私の最初の戀人だった/你是我最初的戀人

即日起至2020年5月11日,使用推薦鏈接註冊Rakuten,推薦人和被推薦人均可以獲得$30,平常推薦獎勵一般為$10。

You may also like...