《かなしみのなみにおぼれる 》歌詞:by Neru Neru mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

手足二つずつ生えている程度じゃ/手足各有兩只的程度

愛せるものも二、三で それが/能愛的東西也只有二、三件 然而

バカみたいに増えれいくようだと/這限度卻一味地擴充

捨ててかなきゃ行けないね/只能丟棄一些東西了吶

だから沢山愛せるようにと/所以為了能愛上更多事物

意地汚いの僕は ある日/貪心的我 某一天

不器用な自分を愛するのは/終于決定

止めにすると決めたんだ/停止愛這不中用的自己

僕は/我將

神様から授かったこの生命を/從神明那里獲取的生命

母から受けた生命を 僕は/從母親那里接受的生命 因為我

人並みには使えましないので/并沒有像普通人那樣使用

今朝のゴミに出しました/所以今早扔進了垃圾桶

誰にも期待なんてされずに/不被任何人期待著

いよいよ開演を迫られて/終至開演

ついに幕をあげた人生劇場/揭開序幕的人生劇場

客もいないままに/無人列席

かなしみのなみにおぼれる/溺死于悲傷之浪

..music..

どうもこの心は重癥らしいが/看來這心臟已病入膏肓

市販薬も効かねえし それに/市面上的藥物毫不起效 而且

恥ずかしながらこの生活では/雖然有些說不出口

醫者に頼る金も無い/但我卻連醫生都請不起

だからぽっかり開いた傷口は/因此這裂開的傷口

疾うの昔に爛れて ある日/早已潰爛

傷口から垂れてた虛しさが/傷口處垂下的空虛

ゲロ吐くように溢れた/嘔吐般溢了出來

教室の隅で読書をする/在教室角落靜靜閱讀的

凜とした長髪のあの子は/一頭長發的那孩子

僕が戀してると囃し立てられて/被嘲笑著被我所喜歡

いじめに遭いました/遭到了欺凌

かなしみのなみにおぼれる/溺死于悲傷之浪

始発の小田急が毎朝僕を/始發的小田急

怒鳴りつけては/每天早晨都朝我怒吼

飛び起きた僕の一日を今日も/今天也照舊

轢き殺してく/將一躍而起的我的一天碾殺

生きるために 食べるために/為了活下去 為了吃東西

大事な物を売り過ぎたようで/似乎已出賣了太多的珍貴之物

いつまで経ってもこの大きな穴は/無論到何時這巨大的空洞

湛(たた)えられやしない/都無法填滿

かなしみのなみにおぼれる/溺死于悲傷之浪

終わり

即日起至2020年5月11日,使用推薦鏈接註冊Rakuten,推薦人和被推薦人均可以獲得$30,平常推薦獎勵一般為$10。

You may also like...