《きみのうた》歌詞:by 安田レイ?玉井健二?石原里酉 安田レイ mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

夜明けを待ちながら

靜かに目を閉じて

新しい風 待ってただけの

心に光差してく

お休み 私の一番星

ずっと輝き続けて

願いは葉えってなんて

言わないよそっと

見守っている だから

答えなんて要らないから

ただ聞いてほしい

さよならじゃない最後の言葉

きみのうたをきみがいない町で

歌い続ける

吹く風にさらわれたきみの匂いを

探してしまうよ 記憶の中で

きっと出會える

どこか遠い空で

あの日の様に

夢の中、枯れない花

駅のホームも景色も

あの日から変わったけど

君が好きだった赤いベンチは

冷たいまま其処にある

「會いたい」 何度も送った言葉

呟くのはもうやめるね

君の聲が聞こえるの

「前に勧め」と 「笑っていろ」と

寂しくて 泣きたくて でも笑ってる

誰も知らないただ二人だけの

あの約束ずっと守っていよう

どんな時でも

今日もまた夢の中會えますように

そこでしか聞けない掠れた笑い聲

いつか二人で歌った鼻歌を

胸に刻むよ

瞳を閉じれば、ずっと

涙に溺れる私を包んで

おどけてくれたね

「何泣いてんだよ」 「大丈夫だよ」 「寶物だよ」

今も聞こえる ほら、聞こえてくる!

會いたくて 會いたくて 胸が痛くて

探してしまう君に良く似た

急ぎ足の広い背中をまた

あの日の様に

答えなんて要らないから

ただ聞いてほしい

さよならなんかじゃない

笑顔のありがとう

きみのうたをきみがいない町で

歌い続ける

夢の中、枯れない花

You may also like...