《しょっぱい涙》歌詞:by 福山雅治 阪本奨悟 阪本奨悟 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

何十回 何十回

君が背中を押してくれた?

もうしょっぱい あんなしょっぱい

涙なんて流したくはない

理解がない

そもそも會話が成り立たない

ほら、ね 歩み寄らない

支え合い 分かち合う

そんな世界必要ない

一人で居たい

友達って 仲間って そんな言葉

みんな本気で信じてんの

これまでも これからも どんな瞬間も

自分だけが頼りなんです

履き古したスパイクも

昔捕まえたミドリガメも

ロボットのプラモデルも

みんな壊れて消えたけど

突然に 必然に

さよならは訪れるでしょ?

おかしいよ ねぇ、おかしいよ

君だけはいなくならないんだ

そう変わらない ものなど存在するはずない

たかが20數年 しか生きちゃいないけど

それ本能で感じてんだ

約束って 絆って ちゃんとした

契約書とか替わってんの?

僕を分かって欲しいんだって

誰か助けて欲しいんだって

心は叫んでるのに

その心にさえも噓を

何十回 何十回

噓をつき続けてきたんだよ?

でもどうして ねぇ、どうして

君だけはここに居てくれるの?

やめてくれ 君を受け入れたら

僕が壊れる

分かんないよ 分かんないよ

優しさも思いやりも

この目に見えないよ

形はないでしょ

でも、何十回 何十回

君が背中を押してくれた?

もうしょっぱい あんなしょっぱい

涙なんて流したくはない

だから僕は僕からも 君からも

もう逃げないよ

即日起至2020年5月11日,使用推薦鏈接註冊Rakuten,推薦人和被推薦人均可以獲得$30,平常推薦獎勵一般為$10。

You may also like...