《秋風戀歌》歌詞:by かぐらP DeZIR mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

二人歩いた小徑 ひとり 歩いています

風に揺れる葉の音 ひとり 歌を 口ずさみます

手鞠花 色あせるやうに

この想い 消え逝く前に

手毬歌 歌う貴女の

聲をこの胸に 響かせて

舞い散る落ち葉は、ひらひらと

緑と紅、つがいの楓

木枯らしが、連れ去るひとひら

見上げた空には 片時雨

風が木々を揺らして、交わりを歌えば

貴女の歌聲が、胸の奧に響いてきます

言えない戀は その胸に

癒えない傷を 重ねたね

消えない愛よ 葉うなら

せめてこの歌を 響かせて

舞い散るひとひら、ひらひらと

今も口ずさむ 手毬歌

詠い、詠え、詠う想いを

この歌に隠して、袖時雨

泣かないで、顔上げて、

この空で、あなたを、見ているわ

染まり逝く、木々のように赤く

この胸に散る 楓、ひとひら

木枯らしに抱かれ 眠りたい

胸に散らす 紅時雨

風は歌う、秋風戀歌 時雨はいつしか、風花に

風に吹かれ消える想いは 私を濡らしてゆく、戀しぐれ

即日起至2020年5月11日,使用推薦鏈接註冊Rakuten,推薦人和被推薦人均可以獲得$30,平常推薦獎勵一般為$10。

You may also like...