《春の風》歌詞:by 熊木杏里 熊木杏里 mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

土の匂い拾う

撿拾起泥土散發的芳香

春はまだ青く

春日依然青翠

君と集めだす夢が

與你交集的夢想

早足になる

已蓄勢待發

何年も見てきた

不知過了多少歲月

生き方のように

這樣的生活方式

流れ流されはしない

欲靜而不止的

置き時計の音

座鐘之音

だれがために生きる

為了誰而活著

名前もない心

連名字也沒有的心么

君は逆らうように

你總逆流而上

とどまりもせず

不服氣般不停息

言葉では屆かないもの

無法用言語傳達

君は屆けてくれた

你傳達給了我

あきらめる理由を人は

放棄的理由

語りたがるものだから

希望能用言語形容

夢を箱にしまいこんだ

把夢想裝進箱子里

鍵はきっと今でも

鑰匙現在依然在

もう一度開けられる日を

等待一天再次將其開啟

待ち続けているはずだから

讓它繼續延續下去

人が君を想う

有人會想念到你

君が人を思う

你也會想念他人

孤獨の間を飛んでゆく

思念穿過孤獨空隙

渡り鳥のよう

候鳥般的遷徙開來

今しかないことに

現在只能傾聽

耳を傾けよう

存在于今天的一切

遅すぎることはないと

到可以真心的說

胸が言うまで

一切還來得及

ひとりではないと思える

只要想著不是一個人

場所を見つけたときに

只要回到了起點

忘れていた時間を人は

被人們忘記的時間

生きてゆけるはずだから

足以支撐人們活下去

夢とひとつになったとき

夢想最終會被實現

葉えられるものが

和另一個人在一起

どんな壁もつきぬけてゆく

無論怎么困難

自分と言うボールに代わる

都能將其超越

You may also like...