《柳ヶ瀬ブルース》歌詞:by 宇佐英雄 美川憲一 mp3歌詞

Amazon Music Unlimited 免費試聽30天,百千萬首歌曲隨便聽!

Kindle unlimited 30天免費試用,百萬Kindle電子書暢讀!

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物;喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月

雨の降る夜は 心もぬれる雨飄落的夜晚,心也被淋濕

まして一人じゃ なお淋し況且一人獨處時,更加的寂寞淒涼

憎(にく)い仕打(しう)と うらんでみても即使再如何的怨恨

戻(もど)っちゃこない あの人は那個人也不會再回來

ああ 柳(やな)ヶ瀬(がせ)の夜に泣いている 啊啊!在柳瀬的夜里,黯然哭泣

二度と逢えない 人なのに明知無法再相見的人

なぜか心が 又いたむ為何心中又隱隱作痛

忘れたいのに あの夢を想忘了他,然而這酒

想い出させる この酒が卻勾起那個回憶的夢想

ああ 柳(やな)ヶ瀬(がせ)の夜に泣いている啊啊!在柳瀬的夜里,黯然哭泣

青い燈影(ほかげ)に つぐ酒は藍色燈影下,斟滿酒

ほろり落した エメラルド宛如紛紛落下的翠玉寶石

もだえ身を焼く 火の鳥が猶如充滿苦悶燒身的火鳥

雨に打(う)たれて 夜に泣く任雨摧打,於夜裡飲泣

ああ 柳ヶ瀬の 夜に泣いている啊啊!在柳瀬的夜里,黯然哭泣

You may also like...