《nameless story》歌詞:by VALSHE VALSHE mp3歌詞

Amazon Music Unlimited 免費試聽30天,百千萬首歌曲隨便聽!

Kindle unlimited 30天免費試用,百萬Kindle電子書暢讀!

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物;喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月

nameless story

lyric:VALSHE

song:minato

arrangement:FAITH-T

vol:VALSHE

夕暮(ゆうぐ)れ伸(の)びる影(かげ)を

追(お)って早(はや)まる呼吸(こきゅう)に

夢中(むちゅう)で気(き)づけなくて

君(きみ)の聲(こえ)は溶(と)けた

いつでも 言葉(ことば)にした分(ぶん)だけ

強(つよ)くなった気(き)がした

迷(まよ)うたび尖(とが)った

記憶(きおく)の中(なか)で

探(さが)し當(あ)てた陽光(ひかり)が

色(いろ)の無(な)い物語(ものがたり)

手繰(てく)り寄(よ)せて

俯(うつむ)いた時(とき)は思(おも)い出(だ)す

距離(きょり)じゃ計(はか)れない君(きみ)の言葉(ことば)

悲(かな)しい夢(ゆめ)から覚(さ)めるまで

ずっとこの物語(ものがたり)は閉(と)じないでおくよ

近(ちか)くで觸(ふ)れられなきゃ

意味(いみ)が無(な)いと思(おも)ってた

どうしてこの瞳(ひとみ)は

君(きみ)の「噓(うそ)」も映(うつ)すの?

例(たと)えば おとぎ話(ばなし)の中(なか)の

あの子(こ)の様(よう)に自然(しぜん)に

振舞(ふるまい)えたら君(きみ)の心(こころ)の奧(おく)に

刻(きざ)まれていたのかな

寄(よ)り添(そ)えていたのかな

もどかしくて

ほんの少(すこ)しだけ目(め)を閉(と)じた

眠(ねむ)れない夜(よる)が明(あ)けてくまで

暗(くら)がりの中(なか)で手(て)を伸(の)ばす

「どうか、この物語(ものがたり)を終(お)わらせないで」

優(やさ)しい音包(おとつつ)まれながら

書(か)きかけた文字滲(もじにじ)んだ理由(わけ)を

目(め)を覚(さ)まして空白(くうはく)になったページ

今(いま)はさよなら

この物語(ものがたり)の結末(けつまつ)を

探(さが)し続(つづ)けたい君(きみ)のそばで

悲(かな)しい夢(ゆめ)から覚(さ)めるまで

ずっと続(つづ)いてくだから見(み)ていて

You may also like...