《星のうつわ》歌詞:by 大橋卓彌?常田真太郎 スキマスイッチ mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

どうして どうして 泣いて生まれて

いつか泣かれて 星になっていくんだろう

僕らはどうして どうして 教わってないのに

涙の流し方は 知ってるんだろう

溢れる雫は 絶え間なく注がれた愛情の証で

導かれるまま ゆるやかにそっと 伝ってきたんだ

こころからからだへ からだはこころへ

連なるいくつもの 絡み合った らせんの模様

そのひとつひとつに 未來が見えたなら 眺めているこの空も

ほら 宇宙に見える

どうして どうして 月はいつでも

何も言わないで 闇を照らしているんだろう

僕らはどうして どうして 鼓動の數に

限りがあるってのを知っていて ムダにしちゃうんだろう

胸に抱えている器の 大きさに価値を見出すんじゃなくて

その中にある 熱を帯びたタネに “生命(いのち)”を感じたい

どんなに眼を凝らして 自分を見ようとしても

ぼやけてよく見えないや そのうち見失ってしまう

探せば探すほど 散らかしてしまうなら 見様見真似だってこの手で

そう 作ればいい

生きるっていうこと それはきっと 少しずつ手放していくこと

最後の一つを失うその時 そばにいて 涙をくれる人がいる

それで嬉しい

こころからからだへ からだはこころへ

連なるいくつもの 受け継ぐ らせんの模様

繰り返されてくことが 永遠だと思えた時 目の前の景色すべてが

いま、宇宙になった

即日起至2020年5月11日,使用推薦鏈接註冊Rakuten,推薦人和被推薦人均可以獲得$30,平常推薦獎勵一般為$10。

You may also like...