《まにまに》歌詞:by paraoka 麹町養蠶館 mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

作詞:paraoka

作曲:paraoka

歌:haru*nya

難破津に咲くや この花 冬ごもり

今を春辺と咲くや この花

もろともに あはれと思へ 山桜

花よりほかに 知る人もなし

久方の 光のどけき 春の日に

しづ心なく 花の散るらむ

花の色は うつりにけりな いたづらに

わが身世にふる ながめせしまに

人はいさ 心も知らず ふるさとは

花ぞ昔の 香に匂ひける

春過ぎて 夏來にけらし 白妙の

衣ほすてふ 天の香具山

夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

雲のいづこに 月宿るらむ

今來むと いひしばかりに 長月の

有明の月を 待ち出でつるかな

滝の音は 絶えて久しく なりぬれど

名こそ流れて なほ聞えけれ

村雨の 露もまだひぬ まきの葉に

霧立ちのぼる 秋の夕暮れ

このたびは 幣もとりあへず 手向山

紅葉の錦 神のまにまに

かささぎの わたせる橋に おく霜の

白きを見れば 夜ぞふけにける

天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ

をとめの姿 しばしとどめむ

花さそふ 嵐の庭の 雪ならで

ふりゆくものは わが身なりけり

咲くや この花

神のまにまに…

You may also like...