《夏の匂い》歌詞:by レフティーモンスターP イトヲカシ mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

3日ぶりに雨があがって

差し込む陽の光から

君が好きな季節の匂いがしてる

「夏が來たら海へいこう」って

口癖のように言ってたよな

君に見せたいとっておきの場所があるんだ

助手席ではしゃいでいた姿を今も覚えてる

ふと君の名を呼びそうになって胸が詰まるよ

「ありがとう」も「ごめんね」も「さよなら」も言えなかった

二人で過ごした日々がずっと仆の胸を締め付ける

ありのままの気持ちを今なら君に伝えられるのに

もう二度と戻らないあの日の笑顏も涙も

忘れようと思ってても

積み重ねた思い出は

きっと消えない

分かっていたはずなのに

一人きり海の見える公園のベンチに座って

黃昏に染まっていく夜空をほんやり見てる

あの日君に伝える筈だった言葉を今

呟いてみても仆の聲は波の音に消えていく

「愛してる」と一言なぜ素直に言えなかったのだろう

もう二度と屆かない思わず涙がこぼれた

夏の夜空彩る花火に君の姿を重ねた

水面に落ちては消えてく

儚い光の粒は何処へ行くのだろう

今この時も君との記憶が仆の心で

色褪せずずっと生き続けている事に気づいたんだ

いつも仆の左側

微笑んでいた君はもういないけど

ほら仆の世界にはこんなにも君が溢れている

君とこれから先もずっと生きてく

You may also like...