《朱隠し》歌詞:by 志方あきこ&波乃渉 志方あきこ mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

まほらの戸に立つ 産土(ウブスナ)へ 手向けるは 椿花

夢路の社の 其の奧に よもすがら 咲き匂う

捻れの街角 夕暮れに 影法師 誰を想う

からから廻るは 風車 誘われ 君を想う

ないしょ ないしょ きこえくるのは

よいの さかいの かぐらうた

う た え

あかやあかしやあやかしの 鳥居 越えたその向こう

歪み歪んだ この心 すべてあいして 喰らいましょう

あかやあかしやあやかしの ゆれる狐火 あざやかに

歪み歪んだ この絆 すべてあいして 喰らいましょう

ひふみよいむなや こともちろらね

しきるゆゐつわぬそをたはくめか

うおゑにさりへて のますあせえほれけ

不知花(シラズカズラ)の茜森(アカネモリ) 手招くは まぼろしか

選び 選ばれ 行く末は いとし かなしの 朱隠(アカカク)し

逆しまの街は ツギハギに 捩れの因果が 蔓延(ハビコ)りて

悼(イタ)みの連鎖は ツギツギに 次はどの児(コ)と 追いかける

あかやあかしやあやかしの 願い飢(カツ)えた その果てに

繋ぎ繋げた この想い すべてあいして 赦しましょう

かみのますとりいにいれば このみよりひつきのみやとやすらげくす

You may also like...